FC2ブログ

記事一覧

小人のおっちゃんたち♪

昨日、高校見学の為帰省してた娘を送って大川村までドライブしてきました。

いつもはわんこもつれて家族総出で行くんだけど、最近は車の中で好きな音楽をかけて大声で歌いながら帰るのが楽しいらしく、私に送ってくれとせがむようになりました(父親がいると音楽の趣味の違いでう何かとるさいんだよね~)。
私も娘と2人だとなんでか運転するのが楽で、楽しんだよね~。
正直あんまし運転するのは好きじゃないんだけど、むか~し2人で暮らしてた頃は年長さんだった娘と「ひな祭り」の歌を歌いながらよくドライブしてました。
(なぜか季節を問わず、いつもひな祭りだったんだよね:笑)

まぁ2人でいるとその時のノリでウキウキしてきちゃうから、ついつい寄り道をしてしまうのですが、昨日も立川のサービスエリアでここにしかない!っていうバーベキューとイカ天と芋まんじゅうを買い込んで、のんびり紅葉を眺めながらあれこれ話をしてました。

その時に娘がいきなり「小人のおっちゃんたち」の話をし始めまして…、噂では聞いたことはあったけど本当にいるんだね。

ある日の授業中に先生の話を聞いてた時、どこからか人の話し声がするのに気がついて(ちなみに娘の学校は山の上にあって、外でおっちゃんたちがガヤガヤいうような場所ではありません)、どこから聞こえるのか気になってたらなんと自分の机の上に15人くらいの小人のおっちゃんがおったんだと。
最初は声だけで姿は見えなかったらしいんだけど、その会話が気になって先生の話そっちのけで、よく見たら、鴨川ホルモーに出てくるちっこいやつらにそっくりで、何かと話しかけてくるようになって、授業が終わって黒板を消してたら、「綺麗に消すなぁ~」とか「消し方がええなぁ~」とか話しかけてきたので、心の中で返事をしてたら向こうからも反応してきて、ちゃんとした会話が成り立ったんだと。
そのうちふっといなくなって、それ以来忘れてたらしいんだけど…。

で、なんで小人のおっちゃんたちが出てきてくれたんだろう?っていう話になって、「意味のないことは起こらないからきっと理由があるはずだと思う」って言うので、「なんでだと思う?」って聞くと、「その頃すごく落ち込んだ日が続いて、でもそれじゃだめだから、とにかく楽しもう!ってやっと思えた日だったから、きっと私を楽しませてくれたんだと思うけど、おかーさんはどう思う?」と聞くので、「あなたは一人でいろいろ頑張りすぎてるから、きっとお前は一人じゃないぞ、いつもこうやってそばにいるぞ!って励ましてくれたんじゃないかな~」って答えたら、「そっか、そうかも!周りに同級生とかみんないるけど、なんでかずっと孤独感で押しつぶされそうだったんだよ。でも小人のおっちゃんたちみてて、すごく楽しそうで、それに私も混ぜてくれて嬉しかったし」
と言ってにこにこ顔でイカ天をほおばってました。

実は彼女には何かとサポートしてくれてるこれまた謎のおじさんがいて、小学校になってからこのおじさんのことや頭の中に住んでるおねぇちゃんやおにぃちゃんのことを話し始めたんですが、3,4歳の頃夜泣きが激しかった時のことを聞くとこのおじさんが夜な夜な話しかけてくるので訳が分からず怖くてよく泣いてたらしいんです。
(残念ながら私にはおじさんの姿は見えません…)

元々生まれる前の記憶を持ってたり、知らないうちにオーラの色がどうだこうだとか言い始めたりしてましたが、家の中ではそういう会話は当たり前だけど、お友達の前や外でそういう話をすると「変な子」って見られちゃうから家の中だけにしときなさいねというと、「そんなことは言われんでも知ってる」なんて大人口調で言ってたりして、まぁそのうちいろんなバランスが整ったらもっと面白いことをし始めるだろなと思ってました。

中学2年の夏に「リアリティー&ブレイン リ・クリエーション ワークショップ」に参加させたんですが、そこで量子的な事やパラレルワールドの事、チャネリングやリーディングのやり方を学んでから、そのおじさんには最近悩みがあるといろいろアドバイスをもらったりしてるらしく、こないだも人間関係で悩んでた時にいろいろ聞いて乗り越えられたみたいで、調子が悪くなると自己ヒーリングやったり、生活の中に自然に取り入れて使いこなしてるのを聞くと、そろそろ私がやってるアライメントやRTMリリースの手法とかを教えていこうかなと思い始めました。

昔々の人たちは当たり前のようにみんな日常的に使っていたことを、ちょっと前までは「特殊能力」みたいに扱われて、下手をすると何かのヤバい宗教かオカルトものみたいに思われてしまうことがあったけれど、最近ではテレビや映画なんかでも量子的な話も増えてきて、また昔々のように当たり前に存在する能力でありみんなが持ってるものという認識になってくるとすごくいいなぁと思います。
起こってもない未来を心配し過ぎたり神経質になったり、不安感や妬みや、物事を主体的に考えられないで周りにばかり影響されたり、常に言い訳をして反応的な生き方しかできなくなるのは本当にもったいないと思うしね、どうせならしっかり地に足をつけて自分という存在をもっと大切にして、素晴らしいエネルギーと共鳴しながら生きていきたいもんね。

結局すべて動機は「Loveだね~」なんだよ~♪
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひーる・おーる・りーぷす

Author:ひーる・おーる・りーぷす
こんにちは、たなべみちるです。

アクセス・コンシャスネス 認定ファシリテーターやってます。
そして、ライフワークとしてボディワークを長年提供して来ました。

日々「この瞬間にいるってどんなん?」って空を見上ています。
今の人生が、ひょっとしたら現実じゃないかもしれない?っていう疑問を持つと、面白い未来が現れて来ます。

そんな自分の未来を見たいと思ったら、試しに声をかけてくださいね♪