FC2ブログ

記事一覧

過去に戻りたくなる時。

生きるって、そりゃぁ色々ありますわ。

私も若~い頃は楽しい事、嬉しい事の背中には悲しい事や悔しい事なんかもぴったり寄り添っているってずっと思ってました。
恋愛や友達との人間関係や、お金の事、思うように行かない事って凄く多いし、人と比べて自分は‥って、妬みだのなんだので凹んだり怒ったり・・。

ゆっくり自分と向き合う余裕なんて無かったし、ただ何かに小突き回されるように過ごした時間の方が多かった。

困った事が起こるのは全部まわりのせいだって、いつも何かに怒ってたし、そもそも生まれた事が悪かった!なんてしまいにゃぁ親のせいにしてみたり。

ほんとにトゲトゲきりきり(汗)。


でもね~、いつだったかはっきりとは覚えてないけど、「これって私が原因?」って、生まれて初めてふと立ち止まったのよね、一瞬だったけど(笑)。

まわりに負けたくないって思って来たのに、立ち止まったとき思ったのは他人じゃなくて「自分」に負けたくなかったんだって気がついた。

そしたら「今までの自分ってなんだったんだろ?」って思って、何もかもが全部モノクロに見えて来ちゃって、鏡の中に映る自分の顔がすっごいおブスで、地の底まで落っこちた気分だった。

でもその瞬間があって本当に良かったと思うよね。

そんな事を何度か繰り返しながら、階段をせっせこ上がってお陰さまの今がある。



落っこちたまんまじゃ嫌だと思うなら、あとは上目指して這い上がるしかないんだし。。

って頭では考えてるけど、ところがどっこいぎっちょんちょん!

色んな人と話をする機会が増えてあらためて思うけど、上向いていても現実が厳しかったり、何かとつまずく出来事があるとわかっちゃいるけどナントやらで、一気にダウン急降下でまたまたしんどい思いをしたりする。

悲しかったり情けなかったり、くよくよしたり、お金がなくていっつもヒーヒー言ったり、懲りないなぁと思いつつ嫌だと思ってる現実を繰り返してしまうのよね(私も経験者ですがな:汗)。

過去に戻る?って時間の事じゃなくって、思考の方ね。


なんでだろ???(この質問が凄~く多いです)

結局そのしんどい場所が魅力ある場所になってるからね。それも知らず知らずの間に。

無意識の領域で、「嫌だ!」って感じるところに一番手放したくない情報が満載な訳です。

例えば病気をした時に今まで構ってくれなかった旦那さんが凄く優しくしてくれたのに、病気が良くなったらまた構ってくれなくなったから、しんどいのは嫌なんだけどまた病気を引き込んじゃったり・・とか、凄く経済的に困難な状況を回避した時に凄く嬉しかった感情が快感になってて、お金が入って来てもまたぎりぎりの状態まで落ち込んで借金とかを繰り返したり・・とかとか。

ただ意識的にやってるのだったら「バカじゃん!(笑)」って話だけど、無意識だから本人はそんな事を望んでるはず無いって思ってるから、そこを気がつくのは結構大変だと思う。

だって素直に認められないもんだもん。

耳が痛い事かもしれないけれど、本人が気がつかない深~いところをつつきまくって明るい陽の光の中にだして来て納得したら、過去に後戻り(過去を繰り返す)しない為に、戻るところの基準を上げる方法もわかるし、あとは凄く楽ちんになって一歩一歩上に上昇出来るから、これからの過ごす世界が全然違ったものになるよね。

身体だって心だって本当は楽しい方が素敵って知ってるんだよ。

でも色んなしがらみを身にまとって、でもそれさえも忘れてて(不思議の国のアリスに出てくる壊れて動かない金時計を首にぶら下げてふーふー言いながら走りまくってる「いそがしウサギ」みたいに、慣れちゃってて平気になってるんだと思うけど)、「変われない自分」もしくは「変わりたくない自分」って諦めちゃってる(変わりたくない人生ももちろんありだと思うけど)。

でもなぁ~、私はそんなんつまんないと思う。

蛹の中にいるとチョウチョになって見る世界知らないのと一緒で、変わる前はおっかないから一歩踏み出すのにちょっとばかし勇気いるけど、背中をパクって空けてハネを広げて大空に飛び出せばきっとすっばらし~世界が見れると思うから、絶対そのすっばらし~世界を見た方がいいと思うし、私はやっぱ見たい。

自分の人生を選択するのは自分自身だもんね。アップ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひーる・おーる・りーぷす

Author:ひーる・おーる・りーぷす
こんにちは、たなべみちるです。

アクセス・コンシャスネス 認定ファシリテーターやってます。
そして、ライフワークとしてボディワークを長年提供して来ました。

日々「この瞬間にいるってどんなん?」って空を見上ています。
今の人生が、ひょっとしたら現実じゃないかもしれない?っていう疑問を持つと、面白い未来が現れて来ます。

そんな自分の未来を見たいと思ったら、試しに声をかけてくださいね♪